--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.09.06

constant me

寂しがり屋の 少年時代

大人の気を引こうと 泣き喚いてた

駄々を捏ねては 手に入れた玩具

すぐに飽きてしまって 埃被っていたんだ


今 開けた扉の向こうじゃ

油の切れた 歯車が廻る

ギシギシと うるさい音を起て

時間を刻んでく


夢中になって 駆け回った

大きなグランドを 精一杯に

今 こうして 懐かしく思うのは

すっかり小さくなった ここに立ってるから


また一つ 汚れを知った

光の中の 影を見つけた

少しずつ 高くなる視界に

戸惑いはあるけれど


どんなに足掻いたって 今更わがまま言ったって

大きくなってく 心も身体も 歪んだ世界に合わせて

それなら今日は どんな風に時計を回そうか

まだ足りない 夢見心地の余韻に浸って


今 開けた扉の向こうじゃ

油の切れた 歯車が廻る

ギシギシと うるさい音を起て

時間を刻んでく

戸惑いもあるけれど


どんなに足掻いたって 今更わがまま言ったって

大きくなってく 心も身体も 歪んだ世界に合わせて

それなら今日は どんな風に時計を回そうか

まだ足りない 夢見心地の余韻に浸って


胸をとことん張って 堂々と街を出歩く

不安ばかりじゃない この視界の期待も膨らむ

それから今日は どんな風にグランド駆け回ろう

まだ足りない 夢見心地のままで

大きくなっても 変わらない僕のままで
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://yuji123.blog61.fc2.com/tb.php/496-5d86188b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。