--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.27

遊び人

麻疹流行で学校が休校になってたこの一週間、
これでもかっ!ってくらい遊び呆けてた管理人です。
ほぼ毎日家に居らず、ビリヤードへ行ったりカラオケに行ったり・・。
楽しかったですけれども、とても疲れました。。
ぃゃはゃ、遊びもほどほどにせんとね・・。('`
でもま、今しか遊べないっちゃ遊べないし、今の内に遊びまくるのもいいかもね!(ぁ

とまぁ、そんなこんなで休校も今日で終わりです。
明日からまた学校だー。
てか今回の休校で単位が足りなくなってしまうので、
夏休みが削られるらしい噂を聞いたのですが・・ぅゎぁ!やだなぁ。。
スポンサーサイト
Posted at 23:58 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.26

ロストマン

ポッカリと浮いた紅の空

光を求め東へ向かう鳥

逃げるように群れから離れて

道端でポツリと唄を唄う


ココロハドコダ?

うわ言のように

キミハドコダ?

わかってるくせに

途方もない愛情をぶっきら棒に

つよがった声で叫んでいた


ねぇ、ロストマン キミの唄を聴いてると

泣きたくなるんだ 心がキュッと寂しく鳴って

感情的な言葉を何のためらいもなく

メロディーにそっと キミは乗せていた


スペースの空いた箱の中で

ダイナモの灯りと燃える情熱

振りまいて僕に笑ってみせた

「最高な気分だ」と唄った


ボクハココダ!

誇らしげに

キイテルカ?

不安げに

空っぽになった掌を不器用に

声と共に掲げあげた


キミはロストマン でも何も失くしてなかったよ

探し物は ほら いつだってその声の向こうに


ねぇ、ロストマン キミの唄を聴いてると

泣きたくなるんだ 心がキュッと寂しく鳴って

感情的な言葉を何のためらいもなく

メロディーにそっと キミは乗せていた

Posted at 01:43 | | COM(0) | TB(0) |
2007.05.24

Can you feel?


世界から孤立した捻くれ者。

壮大で独創的で、どこか寂しさのある優しさ。


現在"the pillows"を聴いてるのですが・・・。
もうね、好きすぎてヤヴァイ。(ぁ
聴いてると涙が、出そうな感じになってくるんですよね。(実際は出ない。ぁ
そんなオイラはバスターズの卵です。

てか、知り合いが良い物(ピロウズの曲ね)を多量に持ってたので、
無理言って全部送ってもらいました。本当にありがとう!!めっちゃ感謝してます。
ホント、"巴里の女性マリー"が聴けた時は発狂したゎぁぁ。。


聴きながらピロウズについて調べてたのですが、
これまた波乱に満ちた行き方してるのね。。この人たち。
だからこそ、あんな良いメロディーを作れるんだなぁ、なんて思ってみたり。
とにかくもって、ピロウズはカッコイイ!!大好きだ!

----

Can you feel?

Can you feel that HYBRID RAINBOW?

昨日まで選ばれなかった僕らでも 明日を待ってる

            『 ハイブリッド レインボウ - the pillows 』
Posted at 01:45 | 語り | COM(0) | TB(0) |
2007.05.20

突き刺さるようなメロディー

現在中古CDショップにて購入したミッシェル・ガン・エレファントを聴いております。

これは・・・なんというロック!
とてつもなくカッコイイです。
この突き刺さるようなメロディーがなんともいえず・・・とてもいい!


というちょっとした生中継ってゆーか?(何
ぃゃ、そこにとくに意味はないです。はい。
ただ、千葉さんカッコイイよ!とだけ言いたかったんです・・。


というか、麻疹流行で学校が休校になってしまいました。
26日まで休みとのこと・・うは、超暇!!
学校せっかく楽しくなってきたのになぁ・・。
まぁ嘆いても仕方ないんで、十分休みを満喫したいと思います。。

てか、千葉さんホントカッコ良すぎです・・・!
Posted at 00:41 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2007.05.15

お疲れムード

単なる遊び疲れ。(ぁ
土日のオールは楽しかったけども、ものすごく疲れますた・・・。

月曜日はかったるさに耐え切れず学校を早退。
その代わり、珍しくテンションはキープされてます。何故か。
調子悪いのにハイテンション・・・ぅーん、なんとも奇妙な感覚。。


今日の学校帰り、Apeさんの調子おかしかったなぁ。。
停止するとエンジンまで止まるというアクシデントが3、4回ありました。
雨に濡れたからか・・・?今日だけならいいけどなぁ。。
どっかおかしいとこでもあるのか・・・超心配。('A`;


学校で購入したヘッドホン、マジで最高です。
音良すぎ!流石2万。
これを8千で購入できた生徒はかなりお得でした。
ぃゃぁ、良い買い物したよ。('`*
Posted at 21:55 | 雑記 | COM(1) | TB(0) |
2007.05.12

いろいろ。


777.7


ちょっと嬉しくなって撮った画像。
オール7ですよ!!

800㌔前後で初のオイル交換をやり、現在は1000㌔越して絶好調。
目指せ、2000㌔!・・・つってもすぐなんだろうなぁ。。


バイク色々いじりたいけどお金ない。。
お金ないけど最近遊びすぎ。。
GWはやばい遊んでました。ALL二回って、おま・・・。
お金も2万は吹き飛んでます。あちゃー!('A`;
そして、今日も朝カラオケ、夜カラオケALL予定DETH。(
ホント、遊びすぎだ俺・・・。o..rz

そろそろバイトしなきゃマジやヴぁいかな。。
一応、まだ貯めはありますが底を尽きるのは時間の問題。。
やりたいこと、買いたいもの、いっぱいあるんですよねぇ。
さて、どうするか。(バイトしろ


休みの日を有効に使いたい今日この頃。
家にいるとだらけてしまう悪い癖が・・・。orz
気になる英詩の和訳とか、授業の復習とかやりたいのに、手がでないんですよねー。
溜息でちゃうゎぁぁ。。('A` ハァ・・・



一日一詩もぃょぃょ365日をやり遂げました!
一年ですよ!ぃゃぁ、頑張ったなぁ俺。。
ぃゃはゃ、でも一年ってあっという間ですね。短かったゎぁ。


なにはともあれ、一年を通した一日一詩ですが、
そろそろ〆時かな、なんて思ってたりしてます。

実の話、ネタとか詰まって辛い時が何遍も何遍もありまして、
1週間に一度は頭抱えて3時間くらいぅんぅん言ってた気がします。(
それに、内容も実にてきとーになってたりしてしまうんですよ。
ぶっちゃけ気に食わない詩が多々ありまして・・・。

なので、一日一詩は昨日の「365の想い」を持ちまして終了とさせていただきます。
そのかわり、これからは内容を重視させて週に一度くらいのペースで更新していきたいと思います。

今まで以上に内容の充実した作品をupしていきたいと思っていますので、
これからも"Eternal Dream"をよろしくおねがいします。。


ぁ、バトンが結構溜まってるんだ。。
・・・追々やります。。
てか、最近雑記さぼりすぎだ。。
・・・雑記の更新もちょくちょく増やしていきたいと思います。。
Posted at 02:53 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |
2007.05.11

365の想い

色んなことがあったけど

ここまで来るのにそう時間はかかってない

全てはほんの一瞬で流れてった

そんな気がするよ


約365×自分の年齢

そんな日々を送ってきたけど

一日として同じメロディーは存在しない

数えるのももう面倒なほど

これからも生きてくんだけど

一日として同じ想いは感じない


泣き笑いした 怒りに燃えた

そんな日々を書き綴った想い

不器用な声で唄い叫んだ

この感情を大いにふるって

365の想いはきっと僕にしかわからない

だけど伝えたい想い キミに届いてればなぁ


そんな想いを抱いて

僕はこれからも唄い続けるだろう
2007.05.10

のらり、くらり、

肌寒い夜の風がこの骨身に沁みる

のらりと生きることが ふと恥ずかしくなる

明日の風に似て非なるこの風に

「今日のお前はどうした!?」

なんて言われた気がした


真っ当に生きろだなんて死んでも言ってくれるな

昨日までの俺に意味がなくなるみたいだから

上向いても下向いても そこにあるのは現実だ

ならせめてただ前を見つめて凛として進んでいけよ


まだ行けるだろう?頑張れるだろう?

立ち止まりはしないだろう?

そうやっていつだって 言い聞かせ続けたよ

弱音吐くのか?すぐに泣くのか?

くたばっちまうのか?

罵って唾を吐いて 歯を食い縛ってたよ

そしてそれが自分だと知ってるんだ


肌寒い夜の風がこの骨身に沁みる

くらりと生きたてきた 今日を終わりにする

明日の風へと変わってゆくこの風に

背中を押されながら 明日へと進んでゆく
2007.05.09

to coda

生ける人々は栄光を求め

異空間をコーダで飛ぶ

序章は終わり終章に変わる

その流れをコーダで繋ぐ


次の次元へ僕らは行くよ

歪な小節を奏でながら


海から空へ 空から雲へ

コーダが伝う 

過去から今へ 今から未来へ

コーダで繋ぐ


不安定なメロディーを伝う感情を

乗せて 僕らは行くよ

コーダの向こうへ
2007.05.08

たわごと

出来の悪い頭で未来を見通してる

何がしたいだとか、考えることは単純で


生きたいように生きてゆく


下手くそな音を奏でてたらそんな夢を見た

出来損ないの僕にぴったりだと思う

たかが世界の端くれで足掻いてみたって


誰も気に止めない 気が付かない 見てみぬふりをする

そんなもんだ 悲しいもんだって 今、区切りをつけたんだ

だからものいっそ、てんで自由に生きてやると

言い聞かせてんだ いつまでも


下手くそな音を奏でてたらそんな夢を見た

でも行き当たりばったり、やりたいようにやるのもいいかな

出来損ないの僕にはぴったりだと思う
2007.05.07

花園

ナイフの鋭い切っ先を掠ったこの指先から

滴り落ちる赤い雨 頬を伝う悲しみと共に堕ちる


秋に枯れ春に咲く花は透明なその雫のよう

綺麗にひらひらと踊っては繰り返す感情に燃えて


真っ直ぐに私の目を見て

素敵でしょ?瞳に写るあなた

綺麗なルビーの眼差しで

私を突き刺して この想いを貫いて


牡丹のような優しさはいらない

薔薇のような情熱で傷つけて

彷徨い歩くあなたを追いかけて夢の中でダンスを踊るの


触れてみれば痛いほど花は咲き乱れる

滴り落ちる赤い雨 残忍な月夜に涙を流す


秋に枯れ春に咲く花は透明なその雫のよう

残ったあなたの残り香が沁みるように全てを燃やす


真っ直ぐに私の目を見て

素敵でしょ?瞳に写るあなた

綺麗なルビーの眼差しで

私を突き刺して この想いを貫いて


桃源の花園で私を見つけて

綺麗でしょ?可憐に咲く私

透明なガラスのようなその手で

私を摘み取って この想いを掴んで

そして永久に私を抱きしめて
2007.05.06

窪み

きっとそこには何も嵌らない

意味があるようで何もない窪み

答えはいつも正しさを指してる

それは僕らが描いた理想にすぎない


だから蟠りは一向に埋まることはない

僕が持つ答えは時として意味を成さず

消えてゆくことを知った

掌を滑るように ゆっくり


少しだけ感情を荒げキミの名前を呼んでみんだ

すれ違うこと 喰い違うこと

そんなことばかり感じた想いだけど

苦しさとか怒りとかじゃなくて

僕が拡げてしまった隔たりは

愛しさ、戸惑い、儚くともそんなことばっかだった


僕らが嵌った落とし穴

大切すぎて遠ざけた想い

もう一度 キミの名前を呼んでみた

勘ぐりでも 疑念でもなく

今想う全てをキミの名前に乗せて

それでももう僕の答えは意味を成さず

掌を滑るように ゆっくり

消えていった
2007.05.05

ラビリンス

それはあまりにも綺麗過ぎる朝だった

項垂れた溜息も白く濁り直に消え

視力の落ちた黒い瞳のピントが合った


鮮明に映し出したシルエット

辺りを紅に染めたメヌエット

音が、色が、時代に溶け込む

その瞬間を僕は捕らえた


息も絶え絶え走った朝だった

栄光を掴もうと手を伸ばした日々にまた

朝霧の余韻は光をよりリアルに

鮮やかに、綺麗に、世界を包ませた



ああ、そうかここはいつだって出発点

近づいてたと思ってた 掴めると思ってたよ

ああ、でもここはいつだって出発点

終わりないんだと気付いたんだよ

あの朝陽は半永久に掴めないんだよ



それはあまりにも綺麗過ぎる朝だった

謳われた夢もまた白い幻影 直に消え

それでも手を伸ばして 僕らは追う

朝霧に写る光の影を
2007.05.04

寂しげな空

ぼんやりした朝陽

どこか寂しげで

一雨降り出すかな

傘を忘れちゃった


このまま降り出すのを

わざと待ったりして

濡れたまんま突っ立って

笑ってみようか


歩き出す度にいつも

どこか切ない想い抱いて

どうにかなってしまいたいよな

息苦しい気持ちになるんだよ


どうか僕を燃やし尽くすほどの

暑い日差しを降り注いでください


妙に冷たい風

やっぱり一雨降りそうだ

どこか寂しげな空が

僕と重なって 僕も泣きそうだ
2007.05.03

タイプ

不器用に微笑む仕草がいいよね

頼りない僕も手を差し出したくなるよ

ちょろっと跳ねた髪も可愛いね

顔立ちは良い方、そんなわけでもないけど


キミを見る度 胸が躍りだすよ

軽快なステップを踏みながら

この空の果ても行ける気になるよ

ねぇ目を逸らさないで そっと

僕を瞳に写してよ


猫を追う目は好奇心ある犬のようで

優しさに溢れ僕をまた誘惑する

歩き出す度 歩幅を合わせようとする

その必死さも僕は大好きなわけで


キミの行動を気が付けば追う毎日

覚束ないから目が放せそうにない

それでこそキミに夢中な僕がいるよ

ねぇ転んでも涙を堪えて ずっと

僕に笑いかけてよ



明日の価値も昨日の意味も

僕らはまるで別の素材で出来てる

だけどそれが良い

僕の知らない世界を見せてくれる

そんな君が好き
2007.05.02

3rd

生まれる時から知ってた

僕らが啼く その意味を

息も絶え絶え足掻いてきた

決定的な その意味を


何度目かに祈って

何度目かに叶って

誘われるままに唄って

気が狂うままに叫んで


3度の熱が上がり

3度の共鳴を呼ぶ

3度の過ちを経て

3度の寝返りを打つ

そして蔓延る世界に

僕は最後の唄を唄って


運命って奴はまさに

明日の現実を映して

唄う僕の喉を丁寧に

過去の記憶と共に消して



生まれる朝に誓った

僕らが啼く その意味を

息も絶え絶え叫び挙げる

決定的な その意味を



3度の熱が上がり

3度の共鳴を呼ぶ

3度の過ちを経て

3度の寝返りを打つ

そして蔓延る世界に

僕は最後の唄を唄って


何度も夢の中に堕ちる
2007.05.01

くらくら



現実が魅せた蜃気楼

僕は目眩を覚えて

薄い意識で突っ立って


偽り

何もかもがそう見える

それに気付けば負けるの

だから僕は負け組み

きっと今も柵に寄りかかって

遠い空を見て 笑ってる


ぐるぐると廻る視界に

ぼーっと惑わされて

夢を見るの

それはそれは遠い現実

僕が僕である証拠に

ほら どこにも馴染めない色がここに


風邪っぴきの鼻声

息苦しい日が続くの

それから見える幻に

僕は逃げる術を見つけるの


偽り

何もかもがそう見える

それに気付けば負けなの

だから僕は負け組み

孤独をどこか感じてるから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。